「先延ばし」ケンケンさんの場合

発達障害の特性「先延ばし」について
ケンケンさんの場合の実体験をマンガにしました。
発達障害の特性:先延ばしについてのマンガその1のサムネイル

発達障害の特性:先延ばしについてのマンガその1
作画:マーブルあやこ

発達障害の特性に先延ばしというものがある
もう、何日も前から会社の面接の日が決まっているのに
ケンケンさんは履歴書を書いていない

2日前になっても
前日になってもまだ書かない

というか履歴書も買ってない
証明写真も撮ってない

-面接の当日、電車の中-
ケンケン「やっべえええ なんにもやってねえ!」

ー会社の最寄り駅-
ケンケン「やべえ! やべえ!」「証明写真の機械どこ?」「あ、あった!」

-面接会場の入り口-
ケンケン「あと5分しかないっっ」
(必死で履歴書を書いて写真を貼るケンケンさん)

セーフ!間に合った!

面接官「じゃあ履歴書を・・」
ケンケン「ハイッ( ・`ω・´)」

0